■ファイナルレポート
『interzum 2007 ケルン国際家具産業・木材加工専門見本市』
会期:2007年5月9日(水)〜12日(土)
ドイツ連邦共和国ケルン市 ケルンメッセ会場
新コンセプトの成功:
 インターツム‐ケルン国際家具産業・木工加工見本市、国際色豊かな、 業界をリードする見本市として再確認一体感ある展示と百花繚乱のイノ ベーション展示で印象づける熱心な出展者と来場者、活発な商談取引、 多くのイノベーション。それらが今年のインターツムの特徴であり、 これによって各展示ホールは、会期中良い雰囲気につつまれた。
 「インターツムは、業界をリードする見本市として、そのポジションを 強化し、ゆるぎないものにしました。」とケルンメッセのヴォルフガン グ・クランツ副社長は総括した。クランツ副社長はさらに、「インター ツムは、業界が団結して目的に向かって行動し、この業界をリードする 見本市を熱心に作り上げたことで、各企業の業績を向上できるという事 を、印象深い形で証明した。」と続けた。この点については、インター ツムの専門委員会会長であり、ユリウス・ブルーム社社長のフーベル ト・シュヴァルツ氏も同意している。「我々がインターツムにかけた大 きな期待が、完全に具現化された。国際性の高い見本市としてだけでは なく、特にドイツ国内からの来場者数にも満足できました。全体として、 今年のインターツムは素晴らしかったです。」インターツムは今年初め て、ケルン見本市会場の北ホールを使って開催された。「展示会場の移 転が、重要かつ正しいステップであったことは確実です。新しい展示会 場は、大規模であるにも関わらず、光溢れ、多くの人を招き入れ、会場 中央を突き抜ける、中央通り“Boulevard“はこの見本市を生まれ変え させました。」と、ある出展者はインターツムの会場の雰囲気を賞賛し ている。
 特に来場者には、まとまりの良い新しい会場のレイアウトが好評であっ た。ある外国からの業界関係者は、「目的地までの距離が格段に短くな リ、より効率的に見本市を見る事が可能となりました。」と述べている。 さらに、会期を短縮し、曜日を変えて、水曜から土曜までとした事も歓 迎された。
 参加企業数は61ヶ国1361社(5%増)で、面積が前回より10%増えた 展示会場で、金具類、 表面材、 木工材料、自然素材、クッション 材や機械などが展示された。このうち約75%は、外国(ドイツ国外) からの企業であった。137ヶ国から約5万人の来場者があったこの 見本市は、来場者の面でも更に国際色豊かになったと言える。また、 ドイツ国内からの来場者の数が再び増加した。「ドイツの家具産業 は開催国の強みを活かし、世界のトレンド情報を詳しく広範に伝え る事ができました。(詳細は2007年7月号にて)

(編集部)

戻る