■コンパクトで使い易く、しかも廉価!
ホルツグループによるオーストリア・フェルダー社(Felder)製
「スライドソー&縦軸スピンドルモルダーKF700」複号機他輸入販売好調
静岡県で今年11月に開催される2007年ユニバーサル技能五輪国際大会でフェルダー 社製木工機械の採用決定に伴い(有)ホルツテクニカナゴヤ、(有)ホルツテクニカ東京、(株)ホ ルツテックトレーディングが合同記者会見開く

木工機械の輸入販売を手掛ける(有)ホルツテクニカナゴヤ(愛知県犬山市下榎島5911、 長井浩司代表、・0568-69-2881)、(有)ホルツテクニカ東京(東京都葛飾区 青戸2-2-1、岡部秀廣、・03-5654-0791)、(株)ホルツテックトレー ディング(静岡県浜松市四本松町408、河合璋典社長、・053-425-5720) のホルツグループ三社は、去る2月17日(土)午後1時30分より、ホルツテクニカナゴヤの 本社事務所でオーストリア・フェルダー社製「スライドソー&縦軸コンパクトモルダー KF700」複合機他、フェルダー社製木工機械の本格的な輸入販売開始体制が整ったこ とから、関連業界紙誌を招き同機の実演紹介並びにその経緯について記者会見を行なった。
それによると、昨年夏から本格的販売に踏み切ったフェルダー社製各種木工機械は、 数多い日本の中小木工所からの、高性能で使い勝手が良く、しかもコンパクトな汎用機が 欲しいというニーズにピッタリのマシンで、徐々に受注も増えつつあるという。
中でも今年11月14日(水)〜21日(水)まで静岡県沼津市で開催される「第39回技能五輪 国際大会」並びに「第7回アビリンピック」及び併催イベントで構成される「2007年 ユニバーサル技能五輪国際大会」の木工関連競技で使われる指定木工機械にフェルダー社 製のスライドソー、縦軸スピンドルモルダー、モータイザー、バンドソーなど合わせて20 台が採用されることから、輸入販売を手掛けるホルツグループ3社もこのチャンスを活 かしフェルダー社製木工機械の大幅な需要増に結び付けたいと期待を膨らませている。

(編集部)

戻る