■ 新スギ問題シリーズ
中国木材・西九州木材事業協組・伊万里木材市場…
の三者結集に成る「伊万里木材コンビナート」の壮大な動きを追って…(その2)
 「伊万里木材コンビナート」を構成するメンバーのうち、その要となって いる中国木材(株)伊万里事業所(佐賀県伊万里市山代町楠久字鳴石搦三922- 93、藤村 要所長、・0955-20-2233)をまず最初に訪ね、 待っていてくださった藤村 要所長(と浜野英太郎氏)からさっそく当事業 所の概要説明をしていただいた。以下はその折のあらましの紹介である。(文責=本誌編集部)


早く三班二シフト態勢にして製品月産一万・達成を!

語る人=藤村 要所長

 当事業所は2002(平成14)年に購入手当てした敷地14万8000 ・(4万5000坪)を基に、2004(平成16)年に「異樹種集成 材」すなわちハイブリッドビームの生産とプレカット工場の稼動に入りま した。
 現在の従業員数は約140名、うち主任以上の役職者30名は広島から 派遣されてきており、それ以外の現場作業員らは地元伊万里で採用した高 卒者を鋭意養成しました。
 現状での製品生産量は未だ月産3500・ですが、最終的には月産1万 ・達成を目標としており、ですから早く「三班二シフト制」を実現させね ばなりません。その場合の人員規模は220名態勢となるでしょう。
 ハイブリッドビームを構成するための外層用ベイマツラミナ(グリーン) は、本社工場(広島県呉市広多賀谷3丁目1-1、堀川保幸社長、 ・0823-71-7147)から海上運送されますし、内層用のスギラミナ (グリーン)は隣接している西九州木材事業協同組合(佐賀県伊万里市山 代町楠久津145番地36、林雅文代表理事、・0955-20-2010) が専任生産して提供を、また玉名製材所(熊本県)と岡村興産(大分 県)からのラミナ購入も実施しています。
 ちなみに西九州木材協組へのスギ原木供給の任にあたるのが、これまた 隣接する(株)伊万里木材市場(佐賀県伊万里市山代町楠久津145番地30、 林 雅文社長、・0955-20-2183)で、以上の三者によって「伊 万里木材コンビナート」が構成されています。

(詳細は8月号をご購読下さい。)

戻る