ウッドミックニュース



《時の話題》
CLT2階建て実験棟およびツーバイフォー6階建て実験棟が完成!
完成見学会に述べ700名が集まる



CLT2階建て実験棟     ツーバイフォー6階建て実験棟


 (一社)日本CLT協会(中島浩一郎会長)と(一社)日本ツーバイフォー建築協会(市川俊英会長)が国土交通省の補助を受けて建設中だった実験棟が終に完成し、去る4月7日?〜8日?に完成見学会が行なわれた。CLT実験棟とツーバイフォー実験棟の同時開催の効果もあり、住宅、工務店、建設、設計、建材、地方行政、研究機関等から幅広く2日間で述べ700名が見学に訪れた。
 両実験棟は、国立研究開発法人建築研究所(茨城県つくば市)との共同研究として研究所敷地内に隣接して建設されており、今後は施工性、居住性、耐久性といった様々な性能について検証しつつ基礎的データの収集が行なわれていく。
 CLT実験棟は2階建て+ロフト階の木造CLTパネル工法である。延べ床面積166平米で、壁パネルは……
ツーバイフォー−実験棟は、建築面積39.85平米、延べ床面積206.9平米、高さ17.309mの6階建て枠組壁工法である。大きな特徴は……
(続きは本誌をご購読ください)


《話題あれこれ》
「木材を主とした生物資源を通じた環境教育」の提言――要望書を与党へ提出

 
 このほど、木材産業要望活動団体代表幹事の原口博光氏と筑波大学名誉教授の富田文一郎氏は、今や世界的に注目を浴びている持続的再生可能な資源としての木材を主としたライフスタイル社会を構築する為には、幼児期からの国家的教育システムの構築こそが不可欠として、当該の要望書を纏め衆議院議員で公明党議長の太田昭宏氏、並びに同・公明党政調会長の石田祝稔氏、同・自民党競争政策調査会長の原田義昭氏、同・自民党農林部会副部会長の武部新 氏、及び林野庁長官の今井 敏氏へそれぞれ手渡した。
 木材産業要望活動団体の原口代表幹事は、「今こそ大事な時機でもあり今後も日本を活性化する政策提言を要望して行きたい」と語る……。
(内容については本誌をご購読ください)