ここでも30数名の方が亡くなった

ウッドミックニュース

時の話題

日本初導入!伊SCM社製5軸CNC加工機で国産カラマツを使ったウッドサッシ製造の開始へ/(株)山崎屋木工製作所


オーダー家具から空間デザインまで木工製品の企画製造販売をトータルに行なう(株)山崎屋木工製作所(長野県千曲市中555-1、山崎慎一郎社長、TEL 026-272-2765)に今春、新たにイタリアのSCMグループのCNCマシニングセンタ「RECORD 110 NT TVN PRISMA」が導入された。同社では、日本初上陸となるSCM社の5軸CNC加工機を用いて、地元信州産カラマツを活用したウッドサッシの製造に意欲を燃やしている。


(株)山崎屋木工所は、1957年に茶箪笥・ちゃぶ台など室内家具を製造する老舗木工所として創業した。先代社長の時代に、住宅用家具だけでなく店舗用インテリア等幅広く手がけるようになり、特注家具の一品生産を主に行なっている。
三代目社長となる山崎慎一郎氏は、設計・デザインの基本を学んだ後、現場でモノづくりの修行を積まれてきた。そのノウハウは木工製品のみならず、店舗設計・デザイン全般をトータルに行なう同社の新たな営業分野として、大きく華開いている。設計段階から企画に携わることで、家具・キッチン・水周りなどをトータルにコーディネートしていく。最近では、世界的バレエダンサー熊川哲也氏の別荘なども手掛けたそうだ。
そして現在、山崎社長が新たな需要と睨んでいる分野が、信州カラマツを使ったウッドサッシである…(中略)…今回同社に導入されたSCM製CNCマシニングセンタの仕様は次の通り。
◆「RECORD 110 NT TVN PRISMA」
ドア、窓枠、階段等、3D部材生産に最適な、コンパクトでパワフルなCNC加工機。5軸制御の加工ヘッドと自動ツールチェンジャーを標準装備し、垂直・水平・角度付ツールを使用した自在な3D加工ができる。
▽仕様=X軸方向3100〜4300〜6100o、Y軸方向1220o、コンポーネントのパス最大225o、積載ツール数最大48、速度=最大80m/分(X方向)

山崎氏は海外展示会を視察するうちに、NC機によるウッドサッシ製造に注目するようになった。先に述べた経緯から、ウッドサッシ製造を検討している際に5軸NC機の存在を知り、DKSHジャパン(株)(神戸市灘区摩耶埠頭、ペーター・ケメラー社長、TEL 078-871-7481)を通じて今回のSCM製「PRISMA」の導入に至ったという。
従来の窓枠製造はモルダーで行なうことが多かったが、ヨーロッパでは次第にCNC加工機でも造られるようになっている。しかも、5軸制御はツールが三次元で動くため、これまでより更に自在な加工ができる。その利点は…
(続きは本誌をご購読ください)