ウッドミックニュース

時の話題
「木が香り、心が育つ丹波小、こんな学校で学びたい」のコンセプトで建設
鹿児島県指宿市立「丹波小学校」改築校舎は故郷愛に満ち満ちスギ尽くし
スギフローリングはマイウッド・ツーが圧密加工して供給


 平成22年8月2日、鹿児島県「指宿市立丹波小学校」の新校舎が完成し、その落成式が行なわれた。既存の校舎が地震に耐えないと補強等の検討がなされたが、結果的に立替改築で新校舎の建築が進められた。
 完成した新しい校舎は「木が香り、心が育つ丹波小、こんな学校で学びたい」との設計コンセプトにより建てられ、木造2階建て校舎はもとよりRC造校舎にあっても地元指宿で育ったスギ材がふんだんに使用されており、まさしく多感な子供たちの学び舎として素晴らしい環境を実現している。
 特別に林業振興地域でもない指宿市であるが、丹波小学校で使ったスギ材は全て指宿市域から調達したという。
 今や国内で戦後植栽され伐期を迎えたスギの活用は喫緊の課題となっている。その意味で「地産地消」を指宿域内の、それも丹波小学校という公共建築の中で具現化したという実績は、全国のモデルケースの一つとして大いに参考にできよう。
(続きは本誌をご購読ください)




話題あれこれ
「IWF2010展」でファイナリスト賞に選ばれた竃シ南製作所の湿式ワイド・ベルト・サンダー

全自動式濾過装置と洗浄水で粉塵を完全カット!

 去る8月25〜28日にアメリカ・アトランタにて開催された「IWF2010展(通称=アトランタ展)」に、機械部門では日本からは唯一、竃シ南製作所(愛知県大府市梶田町1-130、筒井幹夫社長、TEL 0562-34-2211)の湿式BFS-40Wワイド・ベルト・サンダーが出品された。
 同展では、木工機械、木製品、家具、キッチンキャビネット、建築木工等のあらゆる木材産業の分野で、革新的な新技術の開発の促進を奨励する目的のため、IWFチャレンジャーズ・アワード賞が毎回授与されている。
 そして2010年は、「Environmentally friendly=環境にやさしく」をテーマに、80製品がエントリーした。実は名南製作所が同展に実機を持ち込んだのは今回が初めて。同社の湿式ワイド・ベルト・サンダーは、惜しくも最優秀となるウィナーズ賞(7製品が受賞)は逃したものの、見事ファイナリスト賞(22製品が受賞)を獲得した。
(続きは本誌をご購読ください)

(文責=編集部)
(詳細は本誌をご購読ください)