ウッドミックニュース

■ 海外視察第1報
 今年第二二回イタリア・ミラノ世界木工技術・家具製造器材展「XYLEXPO 2010」開催さる
 世界同時不況の影響で規模縮小を余儀なくされたとはいえ、それなりの元気良さを醸し出していた!



 西暦の偶数年毎に開催される世界的な見本市として著名な「XYLEXPO(キシレクスポ)2010」が今年もまた開幕……これはいわゆる「イタリア・ミラノ第二二回世界木工技術・家具製造器材展」を指し、木工機械の革新・研究開発・解明を念願して五月四日??八日?までの五日間「 Rho-Fiela Milano(ロー・フィエラミラノ)」と呼ばれる先端的なミラノ市営の常設見本市会場にて開催された……ところで本誌は今回、高島太加夫記者が同展主催者のACIMALL(アチマル=イタリア木工機械・刃物工業会)から招待を受けて視察参加の機会を得たので、以下その折の取材概要を紹介させていただこう--
 聞くところによれば、前回展の「XYLEXPO2008」が同展史上最大規模を誇ったといわれるのに対して、今回展は残念ながら世界的な不況を反映してスケールダウンを余儀なくされたんだと。その辺を一応比較しておこうか。
▼今回出展者=六五二社(うちイタリア国内四二七社、国外二二五社)/これに対して前回八五三社(うちイタリア国内五六九社、国外二八四社)となっており、出展者に関しては二三・六%ダウンしてしまった。
(続きは本誌をご購読ください)

(文責=編集部)
(詳細は本誌をご購読ください)