■話題あれこれ
  第2回あいち森と緑づくり委員会が開かれ
 1,事業の進捗状況および 2,評価手法の検討などを論議


森林県愛知を目指して一層の努力をと……


 本誌は縁あって「あいち森と緑づくり委員会」の審議の様子を初めて取材することに――
 すなわち愛知県議会議事堂(名古屋市中区三の丸3丁目)5階大会議室にて9月4日(金)午後1時30分〜4時50分まで 、平成21年度第2回あいち森と緑づくり委員会を取材したわけである。
 ちなみに当あいち森と緑づくり委員会(以下、委員会と略)の事務局は、愛知県農林水産部 農林基盤担当局 森 林保全課(名古屋市中区三の丸3丁目1番2号、電話052-954-6448〜6453・6455)内に置かれているが、事務連絡など は森林保全課 森林里山再生グループが担当している。
 なおこの委員会がそもそも何を目的に構成されたのか等を知るために、委員会開催要綱の(目的)第1条を見ると 次のようになっている――
 いわく「森と緑が有する公益的機能の維持増進のために実施する森林、里山林及び都市の緑の適正な整備及び 保全に関する施策(以下、あいち森と緑づくり事業)の透明性の確保を図り、あいち森と緑づくり基金条例(平 成20年愛知県条例第5号)に規定するあいち森と緑づくり基金(以下、基金) の適正な運用を図るとともに、あいち森と緑づくり事業を効果的に推進するため、あいち森と緑づくり委員会 (以下、委員会)を開催する」と。

 更にまた開催要綱の(所掌事務)第2条には――
「委員会の委員はあいち森と緑づくり事業を効果的に推進するため、次の事項について意見を述べる。(1)あいち 森と緑づくり事業の計画に関すること。(2)あいち森と緑づくり事業の進捗、実績の評価に関すること。(3)その 他、あいち森と緑づくり事業の推進に関すること」となっている。


 以上でこの委員会の性格が一応飲み込めたわけだが、参考までに……
  (続きは本誌をご購読ください)

戻る