■海外巡り
  「第14回中国国際家具(夏期)展覧会」と「第14回中国国際家具配件及原輔
 材料(夏期)展覧会」および「第14回国際木工機械(夏期)展覧会」を見る

主催者は日本家具関係者100人を大連市に2泊提供サービスで招き相互の実益昂進の期待の高さ示した!


日本にとっても重要な対中国貿易拠点の大連

 中国遼寧省南部の大連(だいれん/ターリエン)は、太平洋戦争以前から「東洋の西洋」と謳われたほどの綺麗 な港湾都市として知られていた。渤海と黄海とを切り裂くように突き出た遼東半島末端近くの一段と細まった辺 りに位置する……その西へ40kmほどの南西端にあるのが日露戦争(1904〜05年)の激戦地で有名な旅順だ。遼東半 島に対する南には更に大きな山東半島が堂々たる巨体を黄海に横たえながら、まるで両半島が手を差し伸べるよ うに渤海を取り囲んでいる……中国と北朝鮮国境を流れる鴨緑江河口から、そのまま沿岸を西へと目を走らせれ ば大連は直ぐ判る。






 大連は中国東北、華北、華東地域が世界各地と繋がる海上の門口であり、最も重要な港湾、貿易、工業、観光 都市である。東北アジア経済区と環渤海経済圏の重要な地域に位置し、日本、韓国、ロシア極東地区にも比較的 近く、ヨーロッパとアジアを結ぶユーラシア大陸橋の重要連接点でもある。
 また中国東北地区……すなわち中国5大家具生産基地の一つの橋頭堡とする大連には、1500余の木製品および家 具メーカーが存在し、華豊とか光明など世界でも超有名な家具企業が拠点を構え、2007年には正式に「中国木製 家具産業基地」の称号を授与された。そして全生産高の60%の家具製品が海外に輸出されている。交通と産業立地 のメリットを生かして、大連では家具木工に関する多大なビジネスチャンスが提供され、中国北方家具の最強陣 容が集中的に結集されるのは当然といえよう。
(続きは本誌をご購読ください)

戻る