■話題あれこれ
  第39回名古屋国際木工機械展出展者募集中!
  今秋10月28日(水)〜10月31日(土)開催
 最終申し込み期限は6月30日(火)!

 「名古屋国際木工機械展(木機展・名古屋)」は、国内外の最新鋭の木材加工機械・林業機械および木質系廃棄物 処理機器、関連製品等を一様に展示・紹介する我が国最大級の木工機械展示会。その「木機展・名古屋」が今秋 10月28日(水)から10月31日(土)までの4日間、名古屋市金城ふ頭の「ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)」 にて開催される。
 「第39回名古屋国際木工機械展/ウッド エコテック2009」は前回展に引き続き(社)全国木工機械工業会(東京都 港区芝公園3-5-22 機械振興会館別館地下1階、橋本恭典会長、TEL 03-3433-6511)と中部木工機械工業会(名古屋市 中区上前津1-3-33、宮川嘉朗理事長、TEL 052-321-4470)との共催で行なわれ、木材加工産業、環境産業における 生産現場の合理化と生産効率の向上、そして商取引を促進させて業界全体の発展に寄与せんことを目的としている。
 製材機械・合板機械・木工機械・関連機器・環境機械・林業機械などの木材加工機械、プラスチック加工機械 、環境関連製品などが国内外から幅広く紹介され、またセミナー・シンポジウム・講演、学研展示・特別展示な ども併催事として行なわれ、木材産業に関するあらゆる最新の情報を発信する貴重な場となる。家具、建具、木 工、集成材、建築、製材、合板、環境、林業、プラスチック、エコロジー関連など全国から数多くのビジターが 集まり、 木材関連産業の最新情報を得られる展示会として名高い。


 この「木機展・名古屋」の出品最終申し込み期限は6月30日(火)、実行委員会では内外に広く出品を呼び掛ける と共に秋に向けての準備を進めている。出品料の早期割引料金が適用される第1期(2009年2月末日)と第2期(同年 4月末日)は締め切られたが、6月30日(火)の最終期限まではまだ猶予がある。実行委員会が推奨していた第1期・ 第2期の期限は過ぎてしまったが、これを機に是非、方々には業界の活性化を目指してもらいたいものだ。
 100年に1度と言われる経済不況、だからこそ顧客と密に向き合える展示会という場が必須となる。その重要性 と「木機展・名古屋」が成し得る役割を考えれば、正に服部行男実行委員長が述べた如く「ピンチこそチャンス 」(本誌3月号の記者会見記事より)に変えて臨むことが道を切り拓く鍵となるのだろう。


▼第39回名古屋国際木工機械展/ウッド エコテック2009
▼会場: ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
▼会期: 平成21年10月28日(水)から同年10月31日(土)まで(4日間)
▼問い合わせ先
 第39回名古屋国際木工機械展/ウッド エコテック2009 実行委員会(名古屋市中区上前津1-3-33
 中部木工機械工業会内、服部行男実行委員長、TEL 052-321-4470、FAX 052-321-4412)
 HP http://www.mokkiten.com
 E-mail cwmma@mokkiten.com
▼申し込み締切日: 6月30日(火)

戻る