第20巻第3号通刊228号
ウッドミック2002年3月号
3月号目次
散弾論法
答えを示さぬ泣き言は聞きたくない、と 

●話題あれこれ
・免震装置があれば震度七の地震が来ても蛍光灯が揺れる程度に!……(株)セーフティーテクノが面震装置の普及に向け研修会をスタート
・平成一四年度竹中センサーグループ総合見本市が神戸ポートピアホテルにて、2日間盛大に開かれる
■スギ問題シリーズ(その13)
・小濱木材工業(株)、小濱ハウジング(株)専務の小濱輝行氏を私邸に尋ね、林業や木材業に深く携わっての独自の感慨を聞かせていただいた
●パネルディスカッション
 「新しいものづくリと販売の方向性を探る」―後編

■トップは語る
・売上目標五〇億円、日本市場にまだまだチャンスあり……ミカエル・ヴァイニッヒ・ジャパン(株)代表取締役社長のペーター・ゲーベル氏
●対談
・廃木材資源を原料エレメントとして見た場合の新たな木紛製造機械のあり方、その製品化、などを巡って置かれた現状や背景を語り合う…語り合う人=吉原茂氏〔(株)東洋油圧工業社長〕・石田信正氏〔岐阜代用燃料(株)社長/ウッドエンジニアリング(株)社長/(株)羽島プラント取締役〕
■寄稿
・私記…“追憶タラカン”(インドネシアからみの20年間を総括して)その4
(有)マシキ・ジャパン代表 神谷典明
●新技術開発
・約1mm厚の面状発熱体「セラミック溶射ヒーター」。黒崎播磨(株)が開発し、木材乾燥への応用探る




■ネットワーク
・住宅金融公庫廃止後に向けた新たな住宅金融制度はどうあるべきか
・オムニツダの「ファルカタパネルコア」がエコマークに認定される
・(株)中京がダイヤモンドツールで中国大連市に工場進出
・明日を拓く’02丸政チャレンジフェア−開く
・木と暮らすフェスティバル2002、名古屋のポートメッセなごやで開く
・吉野の山に来てみませんか?「木の利用」コンペ募集要項
・最近五年間の木材乾燥機の納入実績

●第一八回ミラノ国際木工機械展「イクシレクスポ」及び家具半製品・加飾資材展「サスミル」視察団員募集中! 5月18日〜25日 

■ニュースマンスリー
 関連記事から主な話題を追う
◇表紙のことば/編集後記            

平成14年3月10日発売
定価1.500円 税込価格1.575円

前のページへ戻る