第18巻第10号通刊208号
ウッドミック2000年7月号


7月号目次
散弾論法
欧州から日本ヘ想ったこと

■時の話題
・パラフィン煮沸木材人工乾燥の自動化システム「LDMマルチドライヤー・キャム」が静かなブームに――三善工業(株)が実用機を開発し、高品質・短時間・低コストに木材業界の注目集まる
・「早生樹の資源造成と加工・利用に関する中日国際研究集会」に参加して(その3)

■ユーザー巡り
LDMマルチドライヤー・キャム一号機を導入したウッドプラザモリモト(モリモト森林組合)を訪ねて

●話題あれこれ
・宮川工機(株)が多様化する二一世紀に向けた「宮川テクノフェア2000」を開催 
・第1回乾式防腐・防蟻処理研究会が発足し、設立記念講演会開く        
・東大弥生キャンパス内に初の木質構造物「東京大学弥生講堂・一条ホール」完成 
・日本でモルダー3500台以上の販売実績を持つドイツ・ヴァイニッヒ社が新会社発足で記者説明会開く 

●企業訪問
中部木工機械記者クラブの研修視察で、ヤマハ(株)のピアノ工場、庄田鉄工(株)及び(株)平安コーポレーションの都田研究所を 訪ねる


■講演                  
木材研修セミナーから(その2)
・「高知県での木材乾燥」高知大学農学部教授 金川 靖氏 
・「スギの人工乾燥材生産は不可能なのであろうか?」岡山県木材加工技術センター 川崎弥生氏 
・「乾燥技術の追及でスギ材利用は可能になるか」森林総合研究所木材利用部・加工技術科長 久田卓興氏
・「ドライビームの生産販売システムの構築」中国木材(株)社長 堀川保幸氏


■ネットワーク
▼第13回木質構造研究会総会。杉山賞は小倉武夫氏と堀川保幸氏に
▼第6回国産中小径材の研究会開く
▼日本木材乾燥施設教会が創立10周年記念総会を開催
▼全国木工機械商業組合が第33回通常総会と講演会を開く
▼カナダ林産業界の近況について記者会見開く
▼「グリーンプラ」シンボルマーク決まる

■ニュースマンスリー
 関連記事から主な話題を追う
◇新刊案内/日本建材新聞社刊「21世紀の住宅品質と生産設備」
◇表紙のことば/編集後記            

平成12年7月10日発売
定価1.500円 税込価格1.575円

前のページへ戻る